サンプル

[著者名]

親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほど腰を抜かした事がある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。

別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談に、いくら威張っても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。と囃したからである。小使に負ぶさって帰って来た時、おやじが大きな眼をして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かす奴があるかと云ったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。

小学校に居る時分

小学校に居る時分学校の二階[1]から飛び降りて一週間 [ルビ「ウィーク」] ほど腰を抜かした [傍点「、、、、、、」] 事がある。なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談に、いくら威張っても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。と囃したからである。

なぜそんな無闇をしたと聞く人があるかも知れぬ。

別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談に、いくら威張っても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。と囃したからである[2]

小使に負ぶさって帰って来た時、おやじが大きな眼をして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かす奴があるかと云ったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。

[1] https://youtu.be/0u4W4Yb5BkU
[2] 夏目漱石『坊っちゃん』(新潮社、2003年改版)1-2頁。


You'll only receive email when 蝦蟇氷節子 | Setsuko Gamagori publishes a new post

More from 蝦蟇氷節子 | Setsuko Gamagori